支払督促手続の流れ

| 未分類 |

債権者が債務者に対し、法的に代金の支払等を促す「支払督促」、その手続きの流れについてご説明します。

宇宙01

 

まず、支払督促手続を申し立てる場所は、原則として支払督促を申し込む相手が住んでいる場所を管轄する簡易裁判所です。各簡易裁判所に、支払督促手続を申し立てる用紙が備え付けられていますので、それを使って申立書を作成します。一部はウェブサイトからダウンロードすることもできます。

 

 

支払督促を求める額によって異なってきますが、申し立てには手数料がかかります。必要な額の収入用紙を購入して納めて下さい。申立書以外に、管轄する簡易裁判所によって別に添付書類を用意する場合があります。事前に確認の上、必要な書類を添付して下さい。

 

 

申立書が裁判所で審査、受理されると、債務者である相手に支払督促が送られます。相手が2週間以内に異議申し立てをしなければ、債権者の申し立てにより裁判所が相手に対し「仮執行宣言」を出します。こちらも、相手が2週間以内に異議申し立てをしなければ、債権者は「強制執行」の申し立てをすることが出来ます。

 

 

逆に、相手が異議申し立てをした場合は、債権者の請求額に応じて、地方裁判所または簡易裁判所において「民事訴訟」の手続きに移行します。