簡易裁判の流れについて

| 未分類 |

簡易裁判とは140万円以下の民事訴訟に付いて、軽微な紛争を簡易、迅速に修理するのが目的で行われます。そして裁判官は簡易裁判所判事一人で行います。

 

 

そしてその流れですが、相手に訴えられたら、裁判所から特別送達という封筒が届きます。そこには第1回目の裁判の期日が書かれていて、答弁提出期限と提出する担当部署も書かれています。相手に対する反論つまり答弁を期限内に提出しないと、裁判では不利になってしまいます。

 

 

そして第1回目の裁判が始まると、原告側の訴状陳述が始まり、それに対しての被告の答弁書陳述が始まります。この時、書証の取調べや争点整理が行われ、何に付いて争うのかを確認します。そして次回に付いて何を準備しなければならないかを話し、次回の期日を告知します。

 

 

2回目からは、主張の補充や反論を準備書面という書面で行い、双方の主張を裏付ける証拠の提出を行います。そして弁論準備期日を設けて、裁判所と原告と被告の争点の整理や和解が可能かを話し合います。それで和解が成立するならば、和解期日が開かれて和解になります。

 

 

和解になれば裁判所から和解調書を出されて合意内容をそこに記入します。そして和解にならなければ、本人尋問や証人尋問が行われます。そして再度和解による解決を進めますが、無理ならば裁判所から判決が出ます。

 

 

判決を受け取って2週間たつと判決が確定します。だから判決が不服なら2週間以内に控訴をする必要が有ります。控訴すれば地方裁判所で本格的な裁判になります。