支払督促に異議申し立てを行うには

| 未分類 |

裁判所から支払督促状が届いたら、受け取った日から必ず2週間以内にその裁判所に督促異議申立をすることです。そして支払督促には督促意義申立書の書式が同封されていますから、それに必要事項を記入して申し立てをします。申し立ての理由として分割払い希望や利子の見直しなどを書けばいいです。

 

 

そして異議申し立てを行えば裁判になります。裁判では分割払いでしか払えないと訴えれば、裁判官は和解を勧めて来ますから、和解勧告が出れば債権者と返済方法について話し合えばよいです。それで分割払いとか利息をゼロにして元金だけを払うとかの交渉をして、少しでも払い易くする方がいいいです。

 

 

ただ債権者がそれを拒絶して和解にならなかったら、債権者の言い分がすべて認められて、強制執行になります。ただ債権者側も強制執行しても回収できる額もたかが知れていますから、和解で回収をする方を選びます。

 

 

最初の支払督促を無視していると2回目の支払督促が来て、今度は異議申し立てをしないと強制執行をされてしまいます。2回目も2週間以内に申し立てをすればよく、申し立てれば1回目と同じように裁判になります。この場合も裁判官は和解を勧めて来ますから、強制執行にはならないです。