» 未分類のブログ記事

仮執行宣言付支払督促とは

| 未分類 |

何らかの債務を持った債務者が、その債務の支払い・返済を期限までに行わなかった場合、債権者は債務の支払い・返済を求める手段として通常であれば内容証明郵便を送ることになります。債権者は内容証明郵便を送ることで債務者の対応を待つのですが、必ずしも何らかの反応があるというわけではなく、ときには何のアクションも起こさない債務者というのも存在しています。
そのような場合、債務を回収するための次の手段として裁判所を利用することになりますが、その際にとられるのが支払督促と呼ばれる制度を利用することです。支払督促では通常の訴訟よりも簡易な手続きで行えるため、債権回収ではよく行われている方法となっています。
支払督促では債務者に対して簡易裁判所の裁判所書記官を通じて督促状が送られることになりますが、債務者は送達された督促状の内容に異議がある場合、受領後2週間以内に異議申立書を裁判所に提出しなければなりません。異議がある場合には通常通りの訴訟へと移行することになります。

 

雲01
支払督促を送達されたにもかかわらず、債務者から何の反応も見られない場合、今度は仮執行宣言付支払督促が債務者の送達されることになります。その後、債務者から仮執行宣言付支払督促への異議申立てがないまま2週間が経過した場合には債権者側は強制執行の申立を行えるようになります。

支払督促に異議申し立てを行うには

| 未分類 |

裁判所から支払督促状が届いたら、受け取った日から必ず2週間以内にその裁判所に督促異議申立をすることです。そして支払督促には督促意義申立書の書式が同封されていますから、それに必要事項を記入して申し立てをします。申し立ての理由として分割払い希望や利子の見直しなどを書けばいいです。

 

 

そして異議申し立てを行えば裁判になります。裁判では分割払いでしか払えないと訴えれば、裁判官は和解を勧めて来ますから、和解勧告が出れば債権者と返済方法について話し合えばよいです。それで分割払いとか利息をゼロにして元金だけを払うとかの交渉をして、少しでも払い易くする方がいいいです。

 

 

ただ債権者がそれを拒絶して和解にならなかったら、債権者の言い分がすべて認められて、強制執行になります。ただ債権者側も強制執行しても回収できる額もたかが知れていますから、和解で回収をする方を選びます。

 

 

最初の支払督促を無視していると2回目の支払督促が来て、今度は異議申し立てをしないと強制執行をされてしまいます。2回目も2週間以内に申し立てをすればよく、申し立てれば1回目と同じように裁判になります。この場合も裁判官は和解を勧めて来ますから、強制執行にはならないです。

 

支払督促を受けた場合

| 未分類 |

支払督促というのは簡単に強制執行ができるようにするための制度です。債権を回収するときにいちいち裁判をやっていたら時間もお金もかかって大変です。そこで、訴額がいくらでも簡易裁判所に申し出れば強制執行をするために必要な債務名義を簡単に手に入れることができるようにしたのがこの制度なのです。

 

 

手続きはまずは、債権者が簡易裁判所に申し出ることからはじまります。申し出があると簡易裁判所は債務者に問い合わせを入れないで、支払督促を送ります。債務者に問い合わせを入れないというのは、財産隠しを防ぐためです。よって、突然送られてくることになります。もし不満があるなら債務者の側は2週間以内に督促異義というものを簡易裁判所にすることができます。この督促異義があると事件は裁判に移行することになります。

 

 

2週間経過すると今度は支払督促に仮執行宣言が付されてもう一度債務者に送られてきます。この仮執行宣言付き支払督促は債権者が裁判所に持っていくと強制執行ができてしまいます。他方、債務者は送られてきた日から2週間は督促異義を提出することができます。この場合も督促異義があれば裁判に移行します。ただし、2週間経過してしまうと、もはや文句を言うことはできません。

 

 

もし裁判所から支払督促が突然送られてきたら、このように時間との戦いですので、すぐに専門家に相談をした方がよいでしょう。

支払督促手続の流れ

| 未分類 |

債権者が債務者に対し、法的に代金の支払等を促す「支払督促」、その手続きの流れについてご説明します。

宇宙01

 

まず、支払督促手続を申し立てる場所は、原則として支払督促を申し込む相手が住んでいる場所を管轄する簡易裁判所です。各簡易裁判所に、支払督促手続を申し立てる用紙が備え付けられていますので、それを使って申立書を作成します。一部はウェブサイトからダウンロードすることもできます。

 

 

支払督促を求める額によって異なってきますが、申し立てには手数料がかかります。必要な額の収入用紙を購入して納めて下さい。申立書以外に、管轄する簡易裁判所によって別に添付書類を用意する場合があります。事前に確認の上、必要な書類を添付して下さい。

 

 

申立書が裁判所で審査、受理されると、債務者である相手に支払督促が送られます。相手が2週間以内に異議申し立てをしなければ、債権者の申し立てにより裁判所が相手に対し「仮執行宣言」を出します。こちらも、相手が2週間以内に異議申し立てをしなければ、債権者は「強制執行」の申し立てをすることが出来ます。

 

 

逆に、相手が異議申し立てをした場合は、債権者の請求額に応じて、地方裁判所または簡易裁判所において「民事訴訟」の手続きに移行します。

裁判所に期日までに赴けない場合

| 未分類 |

どれだけ重要な裁判を控えていたとしても、日常生活が忙し過ぎたり仕事が入ったりするなどしてその期日までに裁判所へと行けないケースは必ず出てくるでしょう。しかし、一般的に期日までに行けない場合はその判決が無条件で通ってしまう可能性がありますので、かならず行っておくべきであると考えられています。ですから、基本的にその日までに行くことは必須条件として存在しているのです。

ふきのとう

 

しかし、本当にどうしても行けないような時には、何らかの経過措置を取る必要が出てくるでしょう。ただ、一般的な知識だけではなかなかその措置の方法が分からないというケースがあります。実際に法律に関しての知識が不足している状態では、どのような足掻いても無理であると考えてしまうからです。それでは、そのような時にはどういった方法を用いれば良いのでしょうか。

 

 

まずその方法として考えられるのが、弁護士などに相談をすることです。そうすることによって、適切な措置を行ってくれることが知られています。そして、期間延長の申請を行うことによってもその期日を先延ばしできる場合もありますので、そのような対策を行っておきましょう。そうすれば、裁判所の方も何らかの措置を行ってくれるはずです。

訴訟を起こす簡易裁判所はどこか

| 未分類 |

簡易裁判の訴訟を起こす場合、原則として、訴えようとする相手の住所のある場所を受け持つ簡易裁判所に対して行います。ひまわり
原則として…としているのはいくつか例外があるからです。

 
例えば、訴えようとする相手の現住所がわからない場合です。裁判を起こそうとしたときには既に行方をくらましていて…というのはよくある話です。こういうケースでは、最後にわかっている住所を管轄している裁判所に起こすことになります。

 
また、金銭請求をする場合においては、支払いすべき場所の簡易裁判所に、そして不動産関連の場合にはその不動産の在地簡易裁判所にも訴訟を起こすことが可能です。

 
簡易裁判所は、全国に438箇所あり主要都市だけでなく中小規模の地方都市にもおかれています。例えば、静岡県でいえば、静岡、清水、島田、沼津、三島、熱海、富士、下田、浜松、掛川の10箇所になります。

 
簡易裁判所が受け持つ訴訟内容の短さ、訴訟に至らない調停を受け持つといった機能から、住民の身近にあることが必要と判断されているためです。しかし、簡易裁判所の判事は人手不足が常態化している為、かけもちで複数の裁判所を担当しており、開かれる頻度が極端に少なくなっています。

特定調停とは

| 未分類 |

特定調停は、民事調停手続きの一種で、借金の返済が滞り返済の見込みが立たなくなった借り主に対して裁判所が借り主と貸し主、そのほか保証人などの利害関係者との返済に関する話し合いを仲介するものです。

 
特定調停は、借り主が経済的に立ち直れるように支援することを目的としており、裁判所が仲介することにより、返済条件の軽減などが成立するように働きかけます。これにより借り主の破産を避けることができ、破産による借り主、貸し主、保証人などの金銭的な被害を防ぐことができます。

アイランド05
特定調停は簡易裁判所で行われますが、その流れとしては債務者である借り主が、裁判所に申し立てることから始まります。申立そのものは、比較的簡単で、自分で行うことも出来ますし、司法書士などに書類作成をしてもらって行うことができます。また司法書士から特定調停のアドバスを受けることもできます。申立を受けると裁判所は、それが特定調停をするべきかどうかを判断し、認めた場合には調停を開始し、調停を行う調停委員会が組織されます。この調停委員と借り主、貸し主を呼び出し状況を確認します。それを受けて、おおむね3回目で調停が成立しますが、借り主、貸し主に異議がある場合には、さらに話し合いが行われます。

 
あくまでも調停ですので、話し合いが成立しない場合もあります。この場合には破産または別の法律による調停を選択することになります。

訴訟と調停は何が違う?

| 未分類 |

民事に関する紛争を解決するには、簡易裁判所において、訴訟を行うか調停を行うかの、2つの方法があります。では、この両者の違いは何でしょうか。まず訴訟ですが、これは裁判官が、原告と被告それぞれの言い分を聞いて証拠を調べ、法に照らし合わせたうえで、どちらが正しいかを決定するものです。簡易裁判所の場合は、判事が1人で裁くことが多く、弁護士以外に司法書士も代理人として認められます。

アイランド04
流れとしてはまず原告から訴状が提出され、裁判所で審査された後、相手方に送付されます。その後、口頭弁論期日に審査が行われます。判決までに要する期間は、平均してほぼ2か月ですが、もし判決に不服がある場合は控訴ができます。判決以外に、和解するケースも見られます。

 
一方の調停ですが、こちらは話し合いによって解決を進めるもので、費用も訴訟に比べるとかなり少額ですみます。どちらかが簡易裁判所に申立をして話し合いを行い、双方の言い分が合意に達した場合は、調書が作成され、以後はこの調書の取り決めに従うことになります。もちろん、はじめから弁護士を立てて訴訟に臨むという方法もありますが、たとえば離婚のように、一旦調停を経たうえでないと、訴訟に持ち込めないような場合もあります。

簡易裁判の流れについて

| 未分類 |

簡易裁判とは140万円以下の民事訴訟に付いて、軽微な紛争を簡易、迅速に修理するのが目的で行われます。そして裁判官は簡易裁判所判事一人で行います。

 

 

そしてその流れですが、相手に訴えられたら、裁判所から特別送達という封筒が届きます。そこには第1回目の裁判の期日が書かれていて、答弁提出期限と提出する担当部署も書かれています。相手に対する反論つまり答弁を期限内に提出しないと、裁判では不利になってしまいます。

 

 

そして第1回目の裁判が始まると、原告側の訴状陳述が始まり、それに対しての被告の答弁書陳述が始まります。この時、書証の取調べや争点整理が行われ、何に付いて争うのかを確認します。そして次回に付いて何を準備しなければならないかを話し、次回の期日を告知します。

 

 

2回目からは、主張の補充や反論を準備書面という書面で行い、双方の主張を裏付ける証拠の提出を行います。そして弁論準備期日を設けて、裁判所と原告と被告の争点の整理や和解が可能かを話し合います。それで和解が成立するならば、和解期日が開かれて和解になります。

 

 

和解になれば裁判所から和解調書を出されて合意内容をそこに記入します。そして和解にならなければ、本人尋問や証人尋問が行われます。そして再度和解による解決を進めますが、無理ならば裁判所から判決が出ます。

 

 

判決を受け取って2週間たつと判決が確定します。だから判決が不服なら2週間以内に控訴をする必要が有ります。控訴すれば地方裁判所で本格的な裁判になります。